室内の調湿を重視するならエコカラットがお勧めです

快適な住まいづくりを行うにあたり、重要なポイントの一つが室内の快適性です。

室内を快適にするには気温も大切ですが、湿度も密接に関係しています。

具体的には夏場であれば気温は25℃から28℃、湿度は55~65%が快適とされ、冬場であれば気温は18℃~22℃、湿度は45~60%とされています。

マイナビニュースに関する特集の情報が満載です。

このどちらかが極端に高かったり低かったりすると人にとっては不快感を感じます。

そして、湿度が高いと不快感だけではなくカビやダニの発生にも繋がり健康被害に繋がってしまいます。

埼玉のフロアコーティングってとにかくお勧めなんです。

そうならないような快適な住まいづくりを行う為にも室内の材質、例えば壁材や床材にこだわる事をお勧めします。
具体的に壁材をピックアップすると調湿機能を持つ壁材を使用する事がポイントとなります。

調湿機能を持つ壁材は様々で例えば調湿壁紙や珪藻土が代表的ですが、お勧めなのがエコカラットです。

エコカラットはLIXILが販売している多機能壁材の一つで特筆すべき点は高い調湿機能にあります。



代表的である珪藻土より6倍もの調湿効果を持っており、その高い調湿効果によって今まで以上に室内の湿度を快適にコントロールします。
エコカラットは細かく小さな穴を無数に持つ多気孔の材質です。
また原材料は粘土鉱物を主といている為、化学物質で構成されていない為人体にも安心して使用でき、特にアレルギーに弱い小さいお子さんがいるご家庭でも安心して暮らせる壁材の一つです。また、その高い調湿機能でカビやダニの発生を抑えますので、ハウスダストの心配も少ないのが特徴的です。